太陽と雲海

格安航空券の注意事項を把握する

- 格安航空券の注意事項を把握する

格安航空券の注意事項を把握する

格安航空券は、多くのメリットがあり非常に魅力的な存在であることは間違いありません。ただ一方で、価格が安くなるというのは、それだけの理由があるわけですし、多少なりともデメリットは生じるわけです。なので、事前に格安航空チケットの注意事項を把握しておくようにしましょう。

キャンセルに関する制約が大きい

格安航空券の場合、キャンセルに関する制約がかなり大きくなっています。LCCの場合、一部のプランを除いてはキャンセル料は100%となっています。一方で大手航空会社の早割りプランも、購入後のキャンセルは手数料が発生します。プランや条件によって異なりますが、10%から50%ほどの手数料がかかるのです。
したがって、いずれの場合でもキャンセルをしてしまうと、大なり小なり手数料が発生することになるので、そこをまず理解しておく必要があります。いくら安さを重視する場合でも、キャンセルの可能性が高いなら慎重になるべきでしょう。

繁忙期はすぐに満席になってしまう

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始、卒業シーズンといった繁忙期は、すぐに満席になってしまうことが大半です。大手航空会社では、早割りプランの座席数は限定していますから、数ヶ月前でも満席になることもあるのです。したがって、もしそういった時期に安く利用したい場合には、かなり早い時期に予約をしてチケットを購入しておく必要があります。
購入も成功し、予約もしっかりできれば後は座席指定もしておきたいですね。

LCCは利便性が落ちる点に注意

LCCを利用する場合には、利便性が落ちる点に注意をしましょう。例えば、手荷物を預ける場合でもお金がかかるので、荷物の量によっては余計な出費を強いられることになりかねません。また、天候不良などで遅延や欠航をした場合でお、自社便にしか振替ることができないので、そこも覚えておかなければなりません。

欠点をどれぐらい許容することができるか

格安航空券にはこのような欠点があるわけですが、人によっては問題なく許容できるでしょうし、一方で難しいという人もいるでしょう。安さをどれぐらい重要視するかにもよりますが、許容範囲によって格安航空チケットをオススメできるかどうかは違ってくるのです。
ただ、とても魅力的な存在であることは間違いありませんし、デメリットを差し引いても利用価値が非常に高いことも事実です。ただ、常にリスク管理は必要ですから、良い部分だけにとらわれないようにしましょう。飛行機だけに限らず、格安チケットは賢く活用するのが望ましいのです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017魅力いっぱい、メリット満載。国内旅行は格安航空券で!All Rights Reserved.