太陽と雲海

早割りプランの基本的な仕組みについて

- 早割りプランの基本的な仕組みについて

早割りプランの基本的な仕組みについて

格安航空券を入手する方法の1つとして、大手航空会社の早割りプランを利用するやり方があります。LCCとはまた違う利点がありますから、基本的な仕組みを知った上で積極的に活用してみるといいでしょう。

早く購入することで運賃が安くなる

早割りプランというのは、簡単に言えばチケットを早い段階で購入することで、正規運賃よりも価格が安くなるのです。例えば、普通に購入すれば3万円となる価格が、1か月前に購入することで1万5千円になるといった感じなのです。
どれぐらい割引されるかは、各航空会社や時期によっても異なりますが、基本的に早いプランほど割引率は高くなります。つまり、1週間前よりも1か月前、1か月前よりも2か月前のプランで購入した方が、より安くチケットを入手できるわけです。

最大で70%以上割引される

それぞれの航空会社が提供している最安値プランを利用すれば、最大で70%以上も割引されるのです。つまり、普通運賃だと3万円かかる場合でも、最安値なら1万円未満で利用することも可能なわけです。条件としては、閑散期で尚且つ平日であれば、相当な割引を受けることができるのです。

安さ以外のメリットもある

大手航空会社の格安航空券は、安さ以外のメリットもあります。それは、普通運賃で利用した場合とサービス面が全く変わらないということです。LCCの場合は、手荷物の預入や機内サービスの利用は有料となっています。しかし、大手航空会社の早割りプランは、変更やキャンセルなどの制約はありますが、サービス自体は一切変わらないのです。
なので、規定の範囲内なら無料で手荷物を預けることができますし、ドリンクなどの機内サービスも無料で利用できるわけです。そこが大きな魅力でもありますし、LCCにはない利点だと言えるのです。

満席になりやすいので早めに購入しておきたい

早割りプランはとても人気がありますし、特に割引率の高いプランとなれば早い段階で満席になってしまうことも多いです。なので、もし利用するつもりなら早めに購入しておくのが望ましいです。もちろん、キャンセルした場合は手数料がかかる難点はありますが、それでも安さを重視するなら少しでも早く抑えておくべきなのです。
特に、込み合う時期としては繁忙期はすぐに満席になってしまう事も注意しましょう。

検討した上で購入を決めるようにする

もっとも、いくら安さを最優先したい人であっても、全く予定が決まっていない段階で購入するのはリスキーです。大まかにでも予定を立てて、事前に検討をした上で購入を決めるようにしましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017魅力いっぱい、メリット満載。国内旅行は格安航空券で!All Rights Reserved.