太陽と雲海

格安航空券が存在する理由は

- 格安航空券が存在する理由は

格安航空券が存在する理由は

大前提として、なぜ飛行機には格安航空券が存在するのでしょうか。当然ですが、航空会社にとってもメリットがあるからこそ、格安でチケットを販売するわけです。では、航空会社が格安航空チケットを販売する理由は、どこにあるのでしょうか?

乗客は1人でも多い方がいい

小さな飛行機
航空会社にとっては、乗客というのは1人でも多い方がいいのです。飲食業界と違って、航空業界は固定費が大部分を占めており、乗客が仮にゼロだった場合でも、満席の時とほとんど同じ費用がかかるわけです。逆に、変動費の比率は非常に小さいため、乗客が増えても余計な出費はほとんど伴わないのです。
要するに、航空会社にとっては常に満席でフライトすることができれば、それが1番理想的なわけです。たとえ閑散期であっても、少しでも満席に近い状態にしたいわけです。

だからこそ格安料金で提供する

ただ、現実的に普通運賃のチケットだけで、年中満席に近い状態でフライトするのは、まず無理なわけです。繁忙期ならともかく、閑散期はそこまで利用者は多くないわけですし、まして航空会社自体もたくさんあるわけですから、利用者も分散するのです。何より、飛行機以外にも新幹線や高速バスなど、他にも移動手段はありますから、そちらを選ぶ人もたくさんいるわけです。
だからこそ、少しでも乗客を確保するために、格安航空券を販売するわけです。他の航空会社はもちろん、新幹線や高速バスとも競合をしないといけないので、価格競争をしていく必要があるのです。
「3万円もかかるなら新幹線を利用するけど、2万円なら飛行機を利用してもいい」と考える人もたくさんいるわけですし、そういった層を取り込むことによって、利益を高めることができるのです。
ただし、その様なチケットは意外と人気もありますので、満席になりやすいのでなるべく早めに購入しておきたいですね。

販売数はある程度限定する

むろん、普通運賃と割引運賃は差別化しないといけませんので、格安航空券の販売数はある程度限定するわけです。正規運賃でも一定の需要はあるわけですし、そこでしっかりと利益を得ることも大事なので、そのあたりのバランスを考えながら販売するのです。

より航空会社のサービスも多様化している

今は、高速バスの需要が高まっていますし、それに対抗するために航空会社も、より多様化したサービスを提供しているのです。ただ早割りや割引プランを充実させるだけでなく、グレードの高い座席を搭載したり、色々な設備を完備するなどして集客を行っているわけです。競争に生き残るためには、今まで以上の経営努力が必要になってくるのです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017魅力いっぱい、メリット満載。国内旅行は格安航空券で!All Rights Reserved.